スポンサーリンク

どちらかというと出不精なぼくは、目的がないかぎり出かけることが少ないです。

特に人混みが苦手なので、ひとりで人の多いところへ出かけることはほとんどありません。

だからという理由だけではないのですが、人からの誘いはなるべく断らずに出かけるようにしています。

友人からの飲みや遊びの誘い、家族持ちの友人からは家にお呼ばれする誘いだったり。

友人は多いほうではないと思うのですが、それなりに誘ってくれる友人たちがいるので助かっています、感謝です。

もちろんぼくのほうから誘うこともありますが 笑

奈良での仕事

仕事のお誘いも同様に、なるべく受けるようにしています。

少し前ですが今年の夏に奈良で10日間くらいの泊まりがけの仕事のお誘いがありました。

その間、他の仕事はほぼストップしてしまうので、あまり割に合わない仕事だったのですが、

早めにオファーがあったので、ある程度他のスケジュールの調整ができたことと、

話を持ってきてくれた友人が奈良の出身だったので、時間があればいろいろ遊びにいけるなという思いから受けました。

奈良での仕事は思った以上にすばらしく、もともと遊びに行こうと思っていた奈良の寺や博物館、大阪の串カツなどの美味しいお店などは、言うまでもなく満足でした。

ただそれ以上に素晴らしかったのが一緒に仕事をした人たちでした。もともと顔見知りのスタッフは数人で、ほとんどが初対面の人たちでした。

10日間という期間、寝食を共にして仕事ができたこともそうだと思うのですが、

打ち解けるのも早く、昔からの仲間のように一緒に仕事ができました。

なによりもこれがこの仕事での一番の収穫でした。

ポジティブ計算違い

世の中、計算どおりにはいかない。っていわれるとネガティブな方向に捉えがちですが、

ぼくにとっては今回の仕事のようなポジティブな計算違いも、

同じくらいたくさんあるんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク