スポンサーリンク

広島カープのレギュラーシーズンが終わりました。

結果は3位。終わってみれば去年と同じ順位に落ち着いてしまいました、、、

最後の最後でラストの巨人戦に勝つか、引き分けると2位、負けると3位という見てる分にはペナントレースを最後まで楽しめる展開でしたが、

ファンとしては優勝も見えていた序盤から考えると、せめて2位は確保できるだろうと思っていたのに、、、といったかんじでした。

最終戦でこの展開はカープ的には3位のフラグ立ってるような気がしてました 笑

案の定、台風で試合が1日流れ、調整が難しくなっちゃったマエケンがボークで点を取られるという、、、野球の神様はなかなか厳しいです 笑

ドラフトとFA

今年はドラフトで大瀬良を獲得し、例年通りFA選手が他球団に移るも 笑

人的保障で取った一岡がなかなかいい。

開幕当初、先発にはマエケン、バリントン、野村、大瀬良、後ろには一岡、永川、ミコライオ、投手陣はリーグトップクラスの実力。

助っ人外国人のキラ、エルドレッドのバッティングのおかげで攻撃力もアップ。

なによりこれまでドラフトで取ってきた選手がよく育ってきたのがチーム力の底上げになったと思います。

古くは江藤をはじめとして、金本、新井貴浩など良い選手をFA制度で、他球団に譲らざるをえませんでした、

貧乏球団にはFAで選手を獲得することはできず、育てても育てても、強くなるには限界がありました。

それでも、ここまで上り詰めてきたのは、ドラフトの成果が出し始めたからだと思います。

ドラフトではその年の「目玉」という言葉に惑わされずに確実に能力が計算できる選手のみを指名し続け、

前田健、今村、野村を獲得し、福井優也や堂林翔太らも、他球団より先んじていました。

他球団の下位指名が予想されている選手でも、高卒で成長途上の選手でも、カープ独自の戦略で指名していってました。

日本シリーズに向けて

ペナントは3位でしたが、圧倒的に去年よりチーム力は上がっています。

クライマックスシリーズに向けて良い準備をして、余裕で阪神に勝ち、

今年は去年のリベンジを果たして巨人に勝って、

マツダスタジアムで日本シリーズを見せてほしいものです。

スポンサーリンク